検索

「できるまでやる!」という気持ち

昨日は、「ピアノスタディ①」を使っているRちゃんのレッスンでした。


耳が良いので、CDの曲を覚えていて、

音楽を流していないのに曲を歌いながら、

「ツッタカター」みたいなリズムの音まで口で再現してピアノを弾いてくれます。


昨日の曲は、先生用の伴奏譜があったので、

それで私と一緒に連弾して完成、というところまではできていたのですが、

さらに「CDと一緒に弾きたい!」と言ってくれました。


連弾なら、私が弾きながらテンポを調節することができます。

でも、CDの演奏は、待ってくれません。

しかも、模範演奏のテンポが少し速いので、なかなかうまくいきません。


何度やっても、指がひっかかったり、間違えたりしてしまいます。

そこの部分を、ゆっくり部分練習したら、ちゃんとできるのですが、

合わせるとずれてしまう、「あっ、惜しい~」の繰り返しです。

そのうち、イヤになってしまうんじゃないかとも思いましたが、

根気よく続けていました。


たくさん練習したので、トータルではもう充分弾けていますが、

本人は最初から最後まで、きちんとできないと気が済まないようなので、

ここは納得いくまでさせてあげた方がいい、と思って、

時々アドバイスしながら、気長に構えて見守ることにしました。


そして、ついに、通して最後まで弾くことができました!

お互いに大喜びです。

とても満足そうな笑顔を見せてくれました。


途中で、「できない~」とか「無理~」とか言わずに、

やる気を見せてくれたことが、とても嬉しかったです。

これから、難しい曲も出てきますが、

この気持ちを忘れずにいてほしいと思います。