グレードテストについて

46-09.jpg

音楽を学ぶ人が、客観的に自分の実力を知る1つの目安になる物として、

グレードテスト(音楽能力検定制度)という制度があります。

レベル順に、

  13~11級  初級レベル  認定を受けた個人教室で受験

  10~6級   中級レベル  近くの楽器店などで受験

   5~3級   上級(指導者)レベル  大阪のなんばなど大きなセンターで受験

と進んでいきます。

内容は、各級によって変わりますが、曲に加えて、

初見演奏、聴奏、伴奏付けなどがあり、総合的な音楽力が評価されます。

テキストが修了した時に、復習になるのと、身についたことの確認ができるので、

できるだけ受験をお勧めしています。

10級以上は、初めてお会いする知らない先生が試験官をされるので、緊張した雰囲気になりますが、

「受けてみて良かった」 「ほめられて嬉しかった」 「次の目標ができた」

​などと言って下さっていて、良い経験になります。