46-10.jpg

エレクトーンコース
 

エレクトーンは、ヤマハが製造している電子オルガンのことです。
上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤(ベース)があり、たくさんの音色やリズムを組み合わせることで
幅広いジャンルの音楽に親しみ、発想力や想像力を育てていきます。


普段は見たり触ったりすることができないような楽器の音色もたくさんあるので、

いろいろな楽器を知るきっかけにもなります。


多くの人数で演奏されるオーケストラやバンドの曲を、パートを振り分けて1人で再現することもできます。


レッスンでは、導入期の内容は、エレクトーン・ピアノでほぼ共通になります。

聴いたり歌ったりしながらリズム感や音感をつけて、簡単な曲から始めて、音楽の基礎を作っていきます。

初めは、絵本のように楽しいストーリーがある「だいすきドレミ」というテキストを使っています。

テキストが進んできたら、曲を弾くだけではなく、音色やリズムを一緒に選んでもらったり、

慣れてくると自分でリズムを打ち込んで作ってもらったりもします。

音色選びでは、個性が発揮されていろんな意見が出るので、

同じ曲でも使う楽器で違う雰囲気になるのが面白いところです。

ピアノの生徒さんでも、エレクトーンでピアノ曲を弾いてもらうことで、

タッチやフレーズの表現が深まることがあります。

USBを利用して演奏を録音することができるので、自分で弾いた曲を聴いてみたり、
伴奏を録音してメロディーを弾く、という使い方もできます。

右手だけ弾いてカラオケのように楽しむこともできます。

クラシックからポップスまで、様々な音楽を自分でアレンジして弾けるので、

音楽の世界がどんどん広がっていくのが、エレクトーンの楽しいところです。

エレクトーンパネル.JPG